“La Pavoni”の使い方

“La Pavoni”の使い方

ローマは、今日でもレバーコーヒーマシンを製造している最後のイタリアのブランドの一つです。機械の設計は丈夫、簡単である。ボイラーは、ピストンに接続されています。これは圧力を作成するためにユーザーによってレバーを使用して作動する。

自分でこのマシンを所有し、私はあなたにそれを使用するための良い基盤を持つことができます私の「個人的なプロトコル」といくつかのヒントを与えます。

[キャプション id = 「attachment_63」の位置合わせ = 「aligncenter」幅 = 「300」ラローマコーヒーマシン [/caption]

これらは60年に作成されたマシンです。それ以来、彼らはまだ販売されており、非常にわずかに変更しました. 必要に応じて、それらを修正するためのスペアパーツを見つけることは非常に簡単です。彼らはポンプを持っていないので、「La ローマ」は非常に頑丈です。私の例は、2002で構築され、まだ動作していました。私はそれを中古で買った。

これらのマシンの「マニュアル」側は非常に存在し、服用しています。それはマシンではないか、単にボタンを押すだけです。そこでは、変数を最適化し、考える必要があります… そして、一度彼らはすべてのコーヒーをマスターしているだけで優れています。

あなたは理解するだろう、我々はこのマシンを飼いならす必要があります。この記事を通じて、あなたが苦労している場合は、あなたを助けることができるいくつかの情報があります。

ローマを使用するには?

「La ローマ」は、私の最初の本物のエスプレッソマシンです。あなたのコーヒーの味に非常に実質的な影響を与えるいくつかの重要な変数があるので、最初に、手に取るために少し複雑です。参照される変数は、他のエスプレッソマシンに適用可能な一般論です。

考慮すべき重要な要素:

  • 水温: レバー付き「ローマ」の水温は重要な要素です。純粋主義者はボトルウォーターを使用します。
  • コーヒーの鮮度: 私たちが話しているコーヒーマシンは、加圧フィルターを持っていません。したがって、コーヒーの鮮度は、エスプレッソの最終レンダリングにさらに重要な影響を与えます。それは非常に1つを作る前にあなたのコーヒーを挽くことをお勧めします。(機械に加圧フィルターがない限り) エスプレッソマシンを購入することを考えると、遅かれ早かれミルに投資します。したがって、最初から予算に統合することをお勧めします。
  • コーヒーの量: コーヒーの量は、あなたの好み、あなたのマシンと使用されるコーヒーに応じて適応されることです。
  • コーヒーの挽き方: この機械のためには、比較的細かいコーヒーを挽く必要があります。もう一つの非常に重要な要因は、成形の大きさの規則性である。味に真の影響を与えるこの規則性。ハイエンドのコーヒー工場と最初の価格の間の価格のような大きな違いがあることも、このためです。それは $400 でコーヒーグラインダーを購入する価値があるかどうかの問題に $45 で小さな工場の一等賞に比べて、私は躊躇せずに答えます “はい!” しかし、これは別の議論です。私は個人的に設定 1: 6.1 (中焙煎コーヒー、80% アラビカ、20% バンカピロイヤル) のための鬼怒コーヒーグラインダー (以前に私の記事の一つで提示) を使用しています。
  • コーヒーのマグカップの方法: それはあなたのコーヒーの味に最も影響を与える要因ではありません。しかし、あなたは常にそれについて考えません。それは不十分な水が定期的にどこにでも循環するトラブルを持っているので、2つの用途の間に同じ方法でコーヒーを抽出しないので、あなたのコーヒーをよくパックすることが重要です。いくつかの「改ざん」は、同じ力で常にコーヒーを絞るために押されたときにクラッシュする一体型ピストンの一種を持っています。私はそれを試したことがないと私はそれが非常に重要な影響を与えることを個人的には確信していません。
  • 使用されるフィルター (1 つか2つのコップ): 全体的に二重フィルターとのコーヒーを作ることは容易である。[キャプション id = 「attachment_83」の位置合わせ = 「alignleft」幅 = 「150」ダブルフィルター [/caption] 「キャプション id = 「attachment_84」 = 「alignleft」幅 = 「150」の単純なフィルター [/caption] その理由は、フィルターカップにはフィルターの縁に抽出を行う「V」形状があり、それが中心と比較して長くなることです。味への影響は、より大きな苦味になります。ダブルフィルタは、この形状を持っていません, それは平らです. したがって、抽出はフィルターの表面全体ではるかに規則的です。個人的に私は私にコーヒーを作るために、その二重フィルタを使用しています。

「ラ・ローマ」の使用のための私の個人的なレシピ

今、あなたはあなたのコーヒーのための「制限要因」が何であるかを知っているので、ここで私のレシピです:

  1. 私のマシンの加熱時間:30 分。小さい精度、私のマシンの加熱時間に比べて、私はカナダに住んでいます。だから電圧は110v であり、私は220v のコーヒーマシンを持っています。これは、220v で1000ワットを持つ代わりに、私は250w で加熱し、私のマシンの特に長い加熱時間に影響を与えることを意味します。220v の同じマシンは約5分でヒートアップします。 
  2. 鬼怒 M47 と16グラムのファイングラウンドコーヒー。 設定 1: 6.1。
  3. 2カップフィルター。私はコーヒーをきちんと梱包しています。

マシンにポルタフィルターを配置する前の重要なステップ:

  1. 少し水が流れるようにレバーを持ち上げて、以前の使用からいくつかのコーヒー残渣を除去し、ピストン温度を調整することができます。あなたは牛乳を泡したい場合は、蒸気ノズルをきれいにするために使用される生地を湿らせるために、この水を使用することができます。
  2. 蒸気ノズルを開いて、偽の蒸気をパージします。
  3. 圧力が戻るまで数秒待ちます。

これで、ポルタ・フィルターをマシンに配置できるようになりました。

  1. ポルタフィルターがマシンに挿入されたら、すぐにコーヒーを作る必要があります。コーヒーは熱ショックをあまり好まない。
  2. レバーを持ち上げます。水はフィルターに入り、前醸造を始めることを割り当てる。prebrewing の時間は、あなたの個人的な好み、あなたのコーヒーに依存します。私の場合、私は5〜6秒の prebrewing を作ります。
  3. その後、レバーを下げます。あなたはいくつかの抵抗を持っていると、それは正常です。ピストンの圧力の9の棒に達するためにレバーのおよそ20の kg を押すことは必要である。理想的には、良いエスプレッソのために、文学と過去の最適化によると、約25秒でコーヒーを沈めることができるようにする必要があります。

視覚的に、あなたは素敵な crema を持っている必要があります。

その後、あなたはあなたのミルクを泡したい場合は、することができます。私はコーヒーを注ぐ前に、すでに牛乳を泡としました。私はそれがボイラー圧力にあまり影響を与えると思うので、これをやって停止しました。

私は YouTube で見つけた小さなビデオ。ユーザーは私とまったく同じ材料を持っています: 同じマシンと同じミル。

朝の日課はむしろアスレチックです。

いくつかのヒント

蒸気ノズル

他の多くのように、私はそれが困難なこのコーヒーマシンの蒸気ノズルの制御を取ることがわかった。これは、3つの穴があるという事実によるものです。必要に応じて、3穴ノズルを1スロットノズルに交換することができます。シュートは約 $20。またはあなたは私のように行うことができます: 肉屋の穴を押すことによって2つのホール。この2番目の方法は本当にうまく機能します。

[キャプション id = 「attachment_68」の位置合わせ =

、食品

私は wifi コンセント (wifi プラグ) を購入しました。それは彼の携帯電話上のアプリケーションでプログラムすることができます (私が上がる前に少し) そのような時間にオンにすることを尋ねるために、マシンは、コーヒーを作るときに熱いです。自分のマシンをオフにすることを忘れていなかった場合、仕事で一度チェックすることは非常に便利です (私のモデルは自動的に切断されません)。または、家に帰る前に遠くにそれをオンにします。

ヒートカップ

(ヒートショックを避けるために) コーヒーを注ぐ前にカップを加熱することをお勧めします。「La ローマ」でこれを達成するためには、レバーの上部にカップを置くか、蒸気ノズルでそれを加熱することができます。

マシンが加熱されている間にカップを加熱するための戦略的な場所 ]

 

小さな更新

最近、ツールを取得してしまったので、コーヒーマシンの状態をきちんとコントロールするために分解することができました。サプライズは合計でした!私が作ったスケールにもかかわらず、石灰岩の中にはまだ信じられないほどの量がありました。私はこの記事を通してこの事故の詳細を伝えます

あなたは、任意の質問を持っている場合, コメントや共有するためのヒント, 記事にコメントすること自由に感じなさい:).

Thomas Garcia

Mon intérêt particulier pour le bon café m'est apparu au cours d'un long séjour en Amérique du nord. Ne trouvant pas le café américain bon, j'ai fini par m'acheter une machine à café qui de fil en aiguille à développé chez moi cette passion.

Comments

Leave A Reply

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *

%d blogueurs aiment cette page :