圧力を温度に変換するには?

圧力を温度に変換するには?

前回の記事で簡単に説明したように (レバー機での抽出の圧力を回復する方法を説明しています)、水圧を測定することでボイラーの水温を知ることができます。

いくつかのコーヒーマシンで見つかった二重圧力計の例。上部に: ボイラーの圧力、底部: 抽出中の圧力。

我々は、すべての1.013 の気圧で100° c での水の泥を知っている (すなわち海抜に等しい高度で). 高度に上昇すると、大気圧は、より低い温度での水の泥の温度を低下させます (例えば、大気圧が 0.471 bar であるため、6000m 高度、80での水の泥)。

私は2つの部分に記事を分けた:

  • その理論
  • 、実習

その理論

だから、ボイラー (そして私の場合は、コーヒーマシンのボイラー) の使用の場合には、それは正確にその高度とその圧力を知っている水の温度を見つけることです。この関係は、クラペイロン式を使用して計算できます。

T: 温度δ V: 相変化時のモル体積の変化: 一定の圧力で変化する状態へのエンタルピーの変化に等しい潜熱

この式を使用して、私はローマコーヒーマシンのボイラーで観察されるバー圧と比較して水温変換チャートを構築することができました。このテーブルは海抜40m の高さで作られました。

温度 (° c) 圧力 (棒)
17.51 0.020
24.10 0.030
28.98 0.040
32.90 0.050
36.18 0.060
39.02 0.070
41.53 0.080
43.83 0.090
45.83 0.100
60.09 0.200
69.13 0.300
75.89 0.400
81.35 0.500
85.95 0.600
89.96 0.700
93.51 0.800
96.71 0.900
99.63 1.000
100.00 1.013
102.32 1.100
104.81 1.200
107.13 1.300
109.32 1.400
111.37 1.500
113.32 1.600
115.17 1.700
116.93 1.800
118.62 1.900
120.23 2.000

あなたがあなたのロースターからコーヒーを購入するとき、あなたは理想的な温度で、このようなコーヒーを抽出することができるかを尋ねることができます。いくつかのコーヒーのためにそれはむしろ88になりますが、他の人のためにそれはむしろ92になります。以下の表とグラフを使用して、機械の理想的な温度を簡単に見つけることができます。

ボイラ温度と圧力のグラフ比

高度による沸騰水温表

テーブル読み取りの例: 標高 1800 m の水の沸騰温度はどのくらいですか?分解 1800 = 1500 + 300 は、ライン 1500 m とカラム 300 m との交点に私たちを連れて行き、そこで、94.0 ° c の温度を読み取る。表のソース: ここをクリックしてください。

そして、実際に: どのように?

アプリケーションがどのように見えるかを次に示します

毎日の使用のために、私はそれ自体ですべての数学を行う小さな Android アプリケーションを見つけました。それは Nomograph と呼ばれ、無料です。

  • メニュー「° c の通常の沸点」では、水の沸騰温度は、あなたの高度に応じて示されなければなりません (例えば、あなたが1500m である場合は、海面または95にある場合は 100)。
  • 「mbar/hPa の圧力」セクションでは、あなたの圧力計で測定を指示する必要があります。例えば圧力計が0.750 バーを示している場合は、アプリケーション 750 mbar を入力する必要があります。
  • 最後のメニュー: 「温度° c」では、「温度推定」ボタンをクリックすると、ボイラーの温度が表示されます

たとえば

上記の2つの画像では、違いを見ることができます。

  • 最初の画像では、ボイラーの水温を 750 mbar の圧力で計算しました。この場合、高度40m の沸点基準値100を示した。ボイラー温度は89、6° c
  • 最初の画像では、ボイラーの水温を 750 mbar の圧力で計算しました。この場合、私は1500m の高度のために100の沸騰基準値を示しました。ボイラー温度は84、74° c

また、所望の温度を用いて mbar で値を検索することも可能である。要するに、圧力計を使用してコーヒーマシンのボイラーの温度を制御するために探している人々のために、このアプリケーションは本当に便利です。私は自分自身に使用される特定の温度のテーブルを作り、私は私のコーヒーマシンの隣に残すシート上にそれらを気づいた。

Thomas Garcia

Mon intérêt particulier pour le bon café m'est apparu au cours d'un long séjour en Amérique du nord. Ne trouvant pas le café américain bon, j'ai fini par m'acheter une machine à café qui de fil en aiguille à développé chez moi cette passion.

Comments

Leave A Reply

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *

%d blogueurs aiment cette page :