コーヒーのレシピ: ティラミス、その歴史、その伝説、そのレシピ

コーヒーのレシピ: ティラミス、その歴史、その伝説、そのレシピ

それは私があなたに偉大な古典の (またはむしろ「」) レシピを提案することを決めた多くのインスピレーションである: ティラミス。

ティラミスの多くの品種があり、各1つは、そのレシピ、その秘密、その好みを持っています。この記事を通じて、私はあなたにいくつかのレシピ、非定型、古典的な、しかし、すべての良いを提供しようとしました。あなたの好みに応じて、あなたはあなたのために最善であるものを行うことができるようになります。

ティラミスの物語

不明の起点

ティラミスの起源は不確かなままです。レシピは、60年以前のクックブックには表示されません。 このデザートの起源は、フリウリ・ベネチア・ジュリア地方から来ているようです。 イタリア料理の専門家ジュゼッペ・ Maffioli は、雑誌「Vin ヴェネト: Rivista trimestrale ・ディ・ヴィーノ、グラッパ、gastronomia e ヴァリアー umanità・デル・ヴェネト」の1981、ペストリーシェフロベルト Linguanotto、レストランのアッから、このペストリーの作成を帰因年の終わりに向かって、トレヴィーゾの Beccherie、1960。

ヴィン・ヴェネト: “Vin Veneto: rivista trimestrale di vino, grappa, gastronomia e varia umanità del Veneto”・デル・ヴェネト」のコピー。しかし、私はこの番号が私の記事で言及したものであるかどうかを判断することができませんでした。

ティラミスの起源についてのイタリアの伝説

誰もが本当にティラミスがどこから来るかを知っているように、いくつかの伝説が登場しています。

[キャプション id = 「attachment_567」の位置合わせ = 「alignnone」幅 = 「2150」ティラミスの起源についてのイタリアの伝説は、ウィキペディアで見つけることができます。私は、このデザートの歴史に追加すると思います。/Caption

ティラミスのレシピ

時間をかけて、特に多くの成分と別々の層のオーバーレイのおかげで、ティラミスは進化を遂げており、多くの変種が登場しています: 別のビスケット、フルーツの使用…

ティラミスのオリジナルレシピ

私は私の記事の「物語」セクションで説明したように、ティラミスのための最初の近代的なレシピはイタリアのペストリーシェフロベルト Linguanotto によって作成されたようです。だから当然私は彼のレシピを紹介します。

ティラミスの「クラシック」バージョン

このデザートの起源が不確かなため、多くのソースが互いに矛盾しているため、ティラミスの真のオリジナルレシピを見つけることは困難です。

8人用の食材

  • 3卵
  • 100 g レッドシュガー
  • 1バニラシュガーの小袋
  • 250 g マスカルポーネ
  • 24スプーンビスケット
  • 糖ブラックコーヒーの 50 cl
  • 30 g ココアパウダー

、準備

  1. 卵白を卵黄から分離します。
  2. 赤糖とバニラシュガーと卵黄を混ぜます。
  3. 泡立て器にマスカルポーネを追加します。
  4. 雪の白をマウントし、穏やかに前の混合物とヘラにそれらをかき混ぜます。本。
  5. 皿の底を並べる前に、すぐにコーヒーショップでビスケットを濡らします。
  6. マスカルポーネクリームの層でカバーし、それを仕上げてビスケットとクリームの層の層を交互に操作を繰り返します。
  7. ココアを振りかけます。
  8. 少なくとも4時間冷蔵庫に入れてから、新鮮なお楽しみください。

ティラミスのレシピの私の選択

私はティラミスのレシピのいくつかの変種を選択しました。心があなたを教えてくれるなら、あなたはそれらを試すことができます。

味付けジンジャーブレッドのティラミスとポーチド梨

食欲にあなたを置くために、私は「ポーチド梨とジンジャーブレッドのティラミス」を開始します。

このリンクに従って、このレシピの説明を見つけることができます

いちごと4クォーターティラミス

あなたは赤いベリー (特にイチゴ) が好きなら、あなたはこのレシピを試すことができます。

私の他のコーヒーレシピ

あなたはここで私の他のコーヒーのレシピを見つけることができます

Thomas Garcia

Mon intérêt particulier pour le bon café m'est apparu au cours d'un long séjour en Amérique du nord. Ne trouvant pas le café américain bon, j'ai fini par m'acheter une machine à café qui de fil en aiguille à développé chez moi cette passion.

Comments

Leave A Reply

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *

%d blogueurs aiment cette page :