どのようにあなたのコーヒーをよく保つために?

どのようにあなたのコーヒーをよく保つために?

コーヒーの香りに影響を与えないためには、コーヒーの保存が不可欠です。オープンエアでそれを残すことは酸化と同義であり、あなたはコーヒーが好きなとき、あなたはすぐにその保存をマスターすることが重要であることを理解しています。

この問題に直面して、私は彼のコーヒーをよく保つ方法を理解するためにいくつかの研究をしました。私は何をすべきか、何をしないかを説明しようとします。

例えば、いくつかのウェブサイト上の非常に気配りの人々は、冷凍庫にコーヒーを維持することをお勧めします。それは悪い考えだ。これを行うには、それは熱衝撃に敏感であるため、あなたは、コーヒーの香りの多くを失う可能性があります。コーヒーを注ぐ前にカップを加熱することをお勧めします理由です。

コーヒー保管時間

穀物コーヒーと挽いたコーヒーとの間の貯蔵時間には差がある。穀物のコーヒーは、良い条件で、あまりにも大きな香りの損失なしで約5週間保存することができます。

地上のコーヒーの保全のために、質問は私の意見ではもう少し複雑です。いくつかは、一度地面、コーヒーは時間内に使用する必要があることを言うだろう。他の人は良い条件でそれが穀物のコーヒーの2倍の長さを保つことができることを言うだろう.

避けるべきこと

あなたのコーヒーをよく保つために避けるためにいくつかの簡単なことがあります。

  1. あまりにも多くのコーヒーを購入しないでください。あなたは次のためのコーヒーの在庫を購入した場合3または4ヶ月, 長期的には、それが台無しに開始されます.
  2. 冷蔵庫や冷凍庫にコーヒーを保管しないでください。3つの重要な問題は、コーヒーが冷たく保たれているときに発生します: 湿気 (熱風と接触する結露)、ヒートショック、冷蔵庫に保管されている他の食品の残留臭/アロマ。また、寒さは、コーヒーの油を損傷する傾向があります。
  3. 酸素が排出されない箱を使用しないでください。コーヒーが消費されると、ボックスは酸素で満たされ、あなたのコーヒーを酸化します。

この保存方法は長期には適さない

コーヒーの敵は何ですか?

4つの大きな敵にコーヒー:

  • 、酸素
  • 、光
  • 、湿度
  • 、熱

その大きな敵を守るために、最も簡単な方法は、適切な、防水性と不透明な容器を取ると、それが約20°c である部屋に保管することです。実際には、箱の半分を空にすると、それは酸素で満たされ、コーヒーを酸化するので、容器は、違いを作ることができます。

コーヒーの保存方法

アイデアは、特定のブランドのために宣伝することではありません。アイデアは、あなたのコーヒーを維持するために既存のさまざまな方法を表示することです。

ロースターのバッグ

あなたのコーヒーを維持するための最も効果的かつ最も安価な方法の一つは、単に穀物コーヒーが販売されている袋を使用することです。

後者は、「ジッパー」閉鎖システムでしっかりと密封することができ、袋から酸素を抽出するためのバルブを持っています。さらに、それらは不透明であり、光からコーヒーを保護します。

バッグのこのタイプのストレージは、ボックス sylpheed よりもはるかに効果的になります。

「バルブ」ボックス

私は箱を買った, その中にバルブの種類を持っているステンレス鋼は、保存された製品に触れるまで、内部にそれをスライドさせて酸素を排出することができます. これらは20〜 $30 の費用がかかり、私は1ヶ月 (すなわち、私の月に私の消費) の穀物でコーヒーを維持するために管理するボックスです。

私はそれが耐久性があるので、この原則が好きです。

真空ポンプボックス

私は箱のこのタイプをテストしていないが、私はインターネット上で読んだものから、ユーザーは非常に満足しています。箱を閉めるとき、小さいポンプは箱からの酸素を吸い、真空を作成する。私はシステムのこの種のあまり好きではありません, ので、月によると、より少ない耐久性.

CO2 ボック

真空ポンプを装備した箱と同じ原理で、今度は酸素が CO2 に置き換えられることを除けば。CO2 は不活性であり、酸素を酸化しません。

必要な CO2 の研究

最後に提示された2つのシステムは効果的ですが、より高価です。

結論として

結論として、それは適切にあなたのコーヒーを維持することは困難ではありません。これは狂気の機器を必要としません。あなたは、いくつかの習慣を取る必要があります。

Thomas Garcia

Mon intérêt particulier pour le bon café m'est apparu au cours d'un long séjour en Amérique du nord. Ne trouvant pas le café américain bon, j'ai fini par m'acheter une machine à café qui de fil en aiguille à développé chez moi cette passion.

Comments

Leave A Reply

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *

%d blogueurs aiment cette page :