Apollo vs Kinu M47 : アポロに関するユーザーからのフィードバック

Apollo vs Kinu M47 : アポロに関するユーザーからのフィードバック

ご存じのように、あなたのコーヒーを粉砕することは、良いエスプレッソを作るために非常に重要です。私はその後、鬼怒 M47 (私はここでレビューをした) に置き換えた Porlex で開始しました。その後、私はハイエンドのマニュアルコーヒーミルから最新のものに鬼怒 M47 を交換することを決めた: 「アポロコーヒーグラインダー」 (BPlus 製、ローマの感謝と承認と)。なぜ。アポロコーヒーグラインダーは、私は鬼怒 M47 の長い実行で持っていなかった問題のいくつかを修正するため。

 記事の最後に、後者を合計した私のコンポジションのビデオがあります。

アポロミルの技術的な特徴を見てみましょう

アポロコーヒーミルの円錐研削砥石の詳細 (48 mm、ナノテクコーティングを Italmill ブランド)

それは完全に金属で作られています: ミルの本体は、アルミニウム CNC、ステンレス鋼の他の要素で作られている、ゴムの唯一の部分は、ベースの下に配置されたアンチスキッドです。48 mm の円錐形の車輪は Italmill のブランド (ナノテクのコーティング) である。

Italmill の標準砥石です。必要に応じて簡単に交換できます。

ミルは3色で利用できる: 金、銀製および黒。それは 1030 g の総重量を作り、コーヒーの25g まで挽くことを割り当てる。

私のテストによると、私はクランクの40ラウンドでコーヒーの13g を挽く。それは私がエスプレッソのために必要なコーヒーを挽くために15と20秒の間に置くと言うことです。

このカテゴリのミルのために、それはかなり魅力的な価格、€222を持っています。それは1週間で私に配達され、私は税関手数料を持っていませんでした。

、設計

デザインは私にとって重要です。これらは、コーヒーをよく粉砕することに加えて、それらを見て、それらを使用するために、一定の喜びを与えなければならない高価な製品です。

アポロ: レトロとモダン同時に

アポロのコーヒー粉砕機は3色で利用できる: 黒い、灰色および金。

それは本当に「バシリカサンティッシマ・デル・ Vastato」、イタリアで見つかった「マニエリスム」スタイルのモニュメントの列のように見えます。このデザインは、ブランドのイタリアの起源を尊重するようです。また、この形状は、使用時にミルのグリップを大幅に向上させます。

グリップ

ミルの本体は円柱状であるため、コーヒーを粉砕する際には、それ自体をオンにすることを防止するような方法でそれを保持することができる必要があります。

市場のほとんどすべてのコーヒー工場は簡単で滑らかなシリンダーである。これは拘束力がある: 彼らはスリップからそれらを防ぐために非常に懸命に締めなければならない。私は私の非常に最初のマニュアルミルでコストを作っていた: Porlex。

鬼怒 M47 は、ミルの回転に対抗するために親指のための小さなくさびで設計されました。 それはまだスリップを防ぐために非常に難しいミルを締めする必要があるため、使用の数ヶ月後に私は、このシステムが最適ではないと言うことができます。本当に効果的であるために、あなたはすべての指でミルをブロックすることができるようにする必要があります。

」アポロミルの場合には、その「ディンプル加工」の形 (設計の不可欠な部分である) のおかげで手のひらと指がミルに完全に付着します。非常にハードを締める必要はありません、それは使用することがより楽しくなります。

、ハンドル

その形で私はアポロのハンドルが鬼怒 M47 よりも優れていることがわかります。あなたは写真から見ることができるように、それは大きく、丸みを帯びています。私はコーヒーグラインダーを使用するとき、私は常にハンドルの上に私の手のひらを置きます。鬼怒のクランクは少し狭く、それが締められるとき手のやしの丸めを持っていない。

鬼怒のハンドルは、しかし、それはアポロミルよりも快適ではない、不快ではありません。

その他のデザイン一般論

手動コーヒーグラインダーには2つのカテゴリーがあります。それらは製粉機を準備するのに必要なステップの数によって区別される:

  • あなたが必要とするミルズ:
    • ふたを開ける
    • にコーヒーを注ぐ
    • カバーを交換してください
    • しばしば1が失うクランクを探してください (それを信じて、私のミル Porlex の経験があります)
    • クランクを置く
    • コーヒーを挽く

はい

  • あなたが必要とするミルズ:
    • コーヒーを入れてコーヒーを挽く

私の知る限りでは、2番目のカテゴリを満たす唯一の2つの工場があります: 鬼怒 M47 とアポロ。

私の意見では、アポロコーヒーグラインダーとより良い考えられた1つの詳細があります。それは鬼怒 M47 のそれに比べてより顕著である漏斗の攻撃の角度を持っています。この詳細を使用することは逸話ではなく、その重要性を持っているので、(漏斗の) エッジにバウンス穀物なしでワンショットでコーヒーを注ぐことができ、地面に終わる。また、シリンダーの開口部は、コーヒーの損失の可能性を減らすアポロミルでもう少し重要です。

グラインドの細かさの調整

アポロと鬼怒 M47 のフライス加工の調整は、ステンレスではありませんが、クリックバイクリックです。このメカニズムを介して動作する多くの工場と同様に、それは非常に非常に正確です (詳細については以下を参照してください)。

鬼怒 M47 とアポロミルのための力学の要素。これらは、クランクを所定の位置に保持し、粉砕の粒度を調整することを可能にする要素です。

視覚的に似ていますが、鬼怒 M47 とアポロのメカニズムは全く異なります。アポロミルでは、クランクを保持するネジを緩めずに調整ノブを回すことが可能です (もちろん、調整ホイールはグラインダーを使用するときにジャンプしません)。これは、鬼怒 M47 では不可能です: グラインダーを調整することができるようにスクリュー (クランクを保持している) を緩めます。アポロミルでは、全体を保持するネジを締める必要はありません。設定はジャンプしません。一方、鬼怒 M47 では、私の設定がそれを使用するときに1つまたは2つのノッチをジャンプ見て悪い驚きを持っていた。

コンテナアタッチメントシステム

アポロコーヒーグラインダーのコンテナは、鬼怒 M47 のそれは磁石で固定されている間ねじ込みます。どちらのシステムも有効です。個人的に私は、スクリューシステムが時間内にはるかに固体に見えることができる場合でも、磁気固定システムのための小さな好みを持っています。

あなたはアポロミルのベースが鬼怒 M47 のそれよりも広いことを渡すことに気づくでしょう。それは彼の席を強調する。

アポロを分解する

アポロミルは、その競争相手の前に大きな利点を持っている: それは完全に解体し、設定を失うことなく再組み立てすることができます。完全なクリーニングはより容易になされる。

鬼怒 M47 の完全な解体が可能であるが、それは強くお勧めします。

あなたが見ることができるように、鬼怒 M47 を使用すると、ミルを損傷するリスクで、ハンマーで行く必要があります。一方、初期設定は再組み立てできません。ここでは、グラインドの良い技巧を見つけるために、いくつかのテストに再び行きます。

鬼怒 M47 のメーカーは、彼の工場は1分でツールなしで解体することができることを彼のサイト上で言う。唯一の問題は、ミル全体が分解されないことです (それをきれいにするためにミルの内部へのアクセスを許可していない中央のステムのみが除去されます)。

アポロコーヒーグラインダーでは、中央のステムを取り外した後、2本の小さなネジを外して残りを解体します。次に、ホイールの2番目の部分と2つのボールベアリングのうちの1つを取り外します。その結果、ミルの内部をきれいにし、任意の調整を失うことなく、それを再組み立てすることは非常に簡単です。

コーヒーグラインダーのクリーニング

研削に費やされた時間

これは、手動コーヒーグラインダーを購入するために探している人のための精練の質問です: 「私はコーヒーを挽くためにどのくらいの時間を費やすつもりですか?

アポロミルとコーヒーの13グラムを挽くために、私は約40クランクラウンドをやっています。つまり、私はコーヒーを挽くために15〜20秒を置くと言うことです (私は3回時限した後、平均で18秒)。なお、設定はエスプレッソコーヒーマシンと互換性のあるファインモールドです。

アポロコーヒーミルのデモビデオでは、オペレータは15グラムのコーヒーを挽くのに約25秒かかります。私はミルの本体とそのクランクの両方で回転を行使することによって粉砕するとき、私はテーブルの上にミルを放置しないように、私は少し速くなります。

コーヒーの保持

コーヒーの保持は、(時にはコーヒーの数グラムを保持することができる電気コーヒーミルと比較して) ハンドヘルドコーヒーミルで非常に低いです。通常、私はそれを粉砕する前にコーヒーに1または2滴の水を入れ、保持を担当する静電気を中和します。

私はコーヒーが鬼怒 M47 の容器にもう少し固執する傾向があることを観察しています。これは、コーヒーの残りの部分を緩めるために容器の側面をノックする私を強制します。私はより少ない時間のためにアポロを持っていたが、私は心からこれが少ないケースであることを感じます。

グラインドの品質

私の意見では、アポロと鬼怒 M47 は、グラインドの品質に相当します。その結果、彼らは両方の優れたエスプレッソを作ることができます (さらには butterless フィルターホルダーを使用)。

結論として

アポロは非常に良いコーヒーグラインダーです。それは、非常に優れたグリップ、その設定を見つけることによって、簡単に、完全にそれを解体する可能性と、美しく、非常に機能的です。彼はすぐにコーヒーをひきます。私は鬼怒 M47 で見てきた欠陥は、主にアポロで修正されています。さらに、それは鬼怒 M47 の€329に対してより少ない: €222に対して (従ってわずかではない2つのプロダクト間の€100の違いがある)。私のような場合は、あなたの好みにそれを見つける、躊躇しないでください。私はまた、記事を disqualifys 小さなビデオを作りました:

 

Thomas Garcia

Mon intérêt particulier pour le bon café m'est apparu au cours d'un long séjour en Amérique du nord. Ne trouvant pas le café américain bon, j'ai fini par m'acheter une machine à café qui de fil en aiguille à développé chez moi cette passion.

Comments

Leave A Reply

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *

%d blogueurs aiment cette page :